ホーム > 沖縄 Happy Life ~あこがれの沖縄移住~

システムメンテナンスのお知らせ:2017年5月30日(火)AM3:00~5:00の間、システムメンテナンスのため「リッカドッカ沖縄ナビ」ページのサービスを一時ご利用いただけません。ご不便おかけいたしますが、何卒ご理解いただけますようお願いいたします。

-File 01-

青い空によく映える「hawaiian pancakes house paanilani」
パンケーキ好きによるパンケーキ好きのための専門店

Paanilani外観

恩納村の58号線沿いにあるパンケーキ専門店。
2012年8月のオープン以来、連日大盛況ということで、パンケーキ好きとしては一度行ってみたいお店であった。

こちらを営むのは田中さんご夫妻。
ここ数年、パンケーキブームといわれ、本土でもパンケーキ屋がぞくぞくオープン。しかし、このおふたり、このブームにのっかったわけではない。

「妻が小さい頃からパンケーキが大好きで、その影響で自分も好きになった」とご主人。

東京に住んでいた頃に、ふたりで食べ歩きを始め、国内やハワイで約500軒を訪ねた。その記録を載せたブログが人気となり、閲覧数は1日10,000PVにのぼったという。

「その中で自分たちで作ったパンケーキも紹介していたんですね。それを見たブログのファンから食べてみたいという要望がくるようになったんです。」

オーナー田中さん

そこでおふたりはレンタルスペースを借り、1日限定のパンケーキ屋をオープン。
ブログでの告知のみであったが、こちらも大反響で300人以上の行列ができたこともあったとか。

「そんな風に月1回のペースで何度かやっていたんですけど、やっぱりレンタルスペースでは、焼ける量やお客様をご案内するにも限度があったし、なによりお客さんの喜ぶ顔を見ていて、本格的にやりたくなったんです」

それまでは会社勤めをしていて、飲食業に携わったことはなかったおふたりだったが、やると決めたからにはとことんこだわりたいと、ご主人も平日は会社に勤めながら週末はパンケーキ屋で修行をし、奥さんも約3カ月間ハワイにパンケーキ留学をした。

なぜ沖縄で?と訪ねると、
「もともと海が好きで、それまでも年に5~6回は沖縄に来てましたし、どうせやるならハワイに近い南国のムードがあるところでやりたかったから」とご主人。
場所もリゾート地である恩納村に決めた。

「近くにダイヤモンドビーチがあって、そこは人が少ないのでのんびりできて好きな場所のひとつです。サーフィンやシュノーケルをしたり、夕陽が沈むのを眺めながらゆっくり過ごせて最高ですね。」

ダイヤモンドビーチ

穴場的ビーチ「ダイヤモンドビーチ」

パンケーキは日本でのいわゆる『ホットケーキ』とは違い、甘くない。
ハワイでは食事として出されることも多く、とくに朝食の定番メニューである。

パンケーキ生地と焼き

バターミルクをたっぷりつかってふんわりと焼き上げるパンケーキは、もちもち食感

こちらでも、ベーコンやソーセージ、目玉焼きが添えられ、そのボリュームに初めはみな驚くが、最後は大満足で帰って行くという。
とくに人気は「ステーキベーコンパンケーキ(1,000円)」と「ナッツナッツパンケーキ(800円)」。
「ステーキベーコンパンケーキ」は四国から取り寄せている約25cmの厚切りベーコンを焼き、メープルシロップを掛けて食べる。

ベーコン焼き

ジュージューと店内に食欲をそそるベーコンの香りが漂っていました

ステーキベーコンパンケーキ

「ステーキベーコンパンケーキ」の出来上がり。ベーコンの油のバランスと塩加減が絶妙

また、「ナッツナッツパンケーキ」はココナッツミルクとナッツを混ぜた特製ソースを掛けたメニュー。こちらは毎朝手づくりするソースの量に限界があるため、数量限定。
早い日だと10時頃には売り切れてしまうこともあるそうなので、どうしても食べたいという方は早起きして出掛けて欲しい。

ナッツナッツパンケーキ

人気No.1「ナッツナッツパンケーキ」。特製ソースは朝4時から仕込むというこだわりの逸品

もちろん、食事のほかにおやつとして楽しむことができる、生クリームやチョコレート、フルーツソースたっぷりのメニューもある。

今回はその中のひとつ、リッカドッカ×パニラニ コラボパンケーキの「島バナナパンケーキスプリット(1,000円)」を頂いた。

島バナナパンケーキスプリット

パンケーキ2枚に島バナナ、アイスクリーム2種類、たっぷりの生クリームを載せた贅沢なデザートパンケーキで、まずはそのボリュームにびっくり!

でも、食べてみると、ほのかな塩味のパンケーキと、甘すぎない生クリームが絶妙で、けっこうペロリと完食することができた。

店内

お店の雰囲気も開放的で、天井が高く客席はゆったりめに配置されている。
「妻がハワイにパンケーキ留学した際、ハワイの中でも田舎にあるダイナーを何軒も見学して参考にした」と、こちらにもこだわりがあった。

入口で空席待ち

この日もひっきりなしにお客さんが訪れ、つねに満席状態だった。
「もう少しのんびりできるかと思っていたのですが、おかげさまで御好評頂いています」と笑う。

お客さん

左)埼玉から旅行で来た斎藤さんファミリー。今回は「ダイヤモンドヘッドパンケーキ タワー(2,500円)に初チャレンジ。積まれたパンケーキはなんと16枚!
右)毎週末の朝に来る常連さん。さすが外国の方!このパンケーキも2人でペロリと完食!

パンケーキ好きが高じて始めたパンケーキ好きのための専門店。
おふたりのパンケーキに対する情熱がここ南国沖縄で花開き、さらなるブームを巻き起こすことは間違いない。

田中さん夫婦

お客さんをお迎えする時は「アロハ~!」、お見送りする時は「マハロ~!(ありがとう)」という田中さん夫婦の笑顔にも心癒されたひとときでした。

文:高梨 真由子(沖縄移住歴:7年)
好きなスポット:豊崎美らSUNビーチ、百名ビーチ、瀬長島、首里のいろは坂
写真:リッカドッカ編集部、Paanilani、ベントスダイバーズ