ホーム > 家族で行こう!沖縄 子連れ旅

家族で行こう!沖縄子連れ旅

地元ママ達の子育て応援雑誌『たいようのえくぼ』と、リッカドッカ沖縄ナビがコラボレーション!
子連れ家族におすすめな沖縄の観光スポットをママ目線で紹介!チビッ子たちも一緒に楽しめるアクティビティや小学生のお子様との絆深まる体験プログラムなど、家族にとって忘れられない最高の思い出をつくろう!

たいようのえくぼって?

「たいようのえくぼ」は、沖縄の子育て真っ最中のママ達が中心につくっているフリーペーパー。沖縄ならではの子育て情報や、子連れでのおでかけ情報満載です!今回は、地元ママの目線でおすすめの情報をお知らせします!!

地元ママからアドバイス!海を知ろう!

海にでかける前に準備しよう!

  • 潮の干満お天気・風をチェック(新聞のお天気欄や、インターネットなど)
  • 日焼け・紫外線対策(帽子、長袖、ラッシュガード、SPF値が高い日焼け止めなど)
  • 日陰対策(サンシェードや大きめの傘など)
  • 濡れてもよい靴(磯遊びをする際はぞうりやサンダルは滑って怪我しやすいのでNGです)
  • 着替え・タオル2、3組・水遊び用オムツ(ちょっと風の冷たい日などは多めに持ってると)
  • 観察グッズ(のぞきめがね・ゴーグル・etc...)
  • 車に敷く大きめのビニール類(あると何かと便利)
  • レジャーシート(ビーチでの荷物置き場として使える)

磯で遊ぶマナーと注意

見つけた生きものは、その場で観察し、もといた場所に戻してあげよう
同じ海岸でも、住んでる場所がみんな違うのでもといた場所に戻してあげてね。
ひっくり返した岩はもとに戻そう
岩の裏側にはいろんな生きものが隠れています。でも、ひっくり返して観察したら、必ず元に戻してね。岩陰には卵が産み付けられているかもしれません。
食べるもの以外、飼育の為に生きものを持ち帰るのはやめよう
海の生きものを持ち帰っても、長く飼うのは難しいよ。海にまた会いに来るつもりで逃がしてあげようね。
よく見ないで、岩をひっくり返すとキケン!
岩の側面には、岩牡蠣がついているものも多く、よく見ないでひっくり返すと手を切る事があるので注意!
濡れた岩の上は滑るので乗らないようにしよう
沖縄の海はサンゴ礁でできているので、滑ると大けがをすることも多いよ。
足下は滑りにくい、マリンシューズなどがオススメ。ぞうりやサンダルは絶対に×

磯で遊ぶマナーと注意

さわるとキケン(×_×)
ハブクラゲ(刺される+毒)※お酢をかけながら触手をそっとはがし病院へ!真水で洗わない。
ガンガゼやラッパウニなど一部のウニ(刺される+毒)
オコゼやカサゴの仲間(ひれに刺される+毒)
ウミケムシ((刺される+毒)、岩の下に隠れている)
アンボイナなどのイモガイ類(刺される+猛毒)
ウミヘビの仲間(咬まれる+猛毒、血清がない)

※海の生物でケガをしたら、どんな生物かよく覚えておきましょう。
必ず病院に行ってお医者さんに説明しましょう。生きものによって応急処置や治療法が異なります。