ホーム > 那覇から日帰りで行ける海の楽園・慶良間諸島を楽しむ

那覇から日帰りで行ける海の楽園・慶良間諸島を楽しむ 那覇から日帰りで行ける海の楽園・慶良間諸島を楽しむ

慶良間(けらま)諸島は、沖縄本島から西に40kmほどの位置にある島々の集まりです。島の数は有人島と無人島合わせて20島ほどで、うち4島が有人島です。

座間味島

慶良間諸島へのアクセスは、那覇空港から各島への船が出ている泊港まで、車で約15分。その泊港から各島々へは、高速船で35分~50分、フェリーで70分~120分という好立地にあります。こうした条件から、日帰りで島の魅力を思い切り楽しむことができます。
また、慶良間諸島は平成26年の3月に国立公園に指定されました。透明度の高い海や手つかずの真っ白な砂浜、冬限定のホエールウォッチングなど毎年多くの観光客が訪れます。

世界でも注目される、慶良間諸島の海の魅力は?

慶良間諸島の魅力は、なんといっても海です。
その美しさから『ケラマブルー』という通称で親しまれ、世界中の旅行者やダイバーを魅了しています。
その慶良間諸島には大小様々な島が点在しています。その中でも人気が高いのは「渡嘉敷島(とかしきじま)」「座間味島(ざまみじま)」「阿嘉島(あかじま)」で、各島には遊泳ビーチがあります。それぞれのビーチには違った魅力があり、楽しみ方も様々です。

家族連れでも安心のリゾートビーチ~渡嘉敷島~

渡嘉敷島は、慶良間諸島最大の島です。人口は700人ほどで、周囲にはいくつかの無人島が点在しています。そんな渡嘉敷島には、阿波連ビーチと渡嘉志久(とかしく)ビーチという2つのビーチが存在しています。

阿波連ビーチ(あはれんビーチ)|渡嘉敷島

阿波連ビーチ

阿波連ビーチは、渡嘉敷島阿波連集落の前に広がる白砂のビーチです。沖合には「ハナレ」と呼ばれる無人島があり、シュノーケリングの場として人気を集めています。波が高くなることはあまりなく、浅瀬でも美しいサンゴを観察することができます。

とかしくビーチ|渡嘉敷島

とかしくビーチは、渡嘉敷島でも阿波連ビーチに次いで大きなビーチです。
阿波連ビーチに比べると人が少なく、静かでのんびりとしたムードを味わえる穴場のビーチです。ビーチ全体が三日月形の弧を描いており、地形的にも美しいビーチといえるでしょう。
ビーチの周辺には宿泊施設と緑地公園があり、周囲に大きな集落はありません。小さなお子様連れでもゆっくりと楽しめるビーチといえます。プライベートビーチ気分を味わいたいのであれば、このとかしくビーチがピッタリです。

とかしくビーチ

慶良間諸島屈指の透明度を誇る
シュノーケリングスポット~座間味島~

座間味島は、慶良間諸島の中で渡嘉敷島に次ぐ大きさの島です。座間味港からすぐの場所には座間味集落があり、島唯一のスーパーや市役所、小中学校などがあります。そんなアットホームな島にある海では、それぞれ違う魅力があります。

古座間味ビーチ(ふるざまみビーチ)|座間味島

古座間味ビーチ

古座間味ビーチは、その座間味集落から山の坂道を超えて15分ほどの場所にあります。アクセスは、座間味港からでている有料送迎バスを使うのが最も一般的です。
慶良間諸島でも屈指の透明度を誇る海として知られ、毎年夏には多くの観光客で賑わいます。特にシュノーケリングが人気で、砂浜からほんの数メートル泳ぎだすとカクレクマノミやサンゴ礁の群れ、ミノカサゴなどの海の生き物を間近で観察することができます。更衣室やシャワールーム、売店などの設備も整っているため、家族連れでも安心して過ごせます。

阿真ビーチ(あまビーチ)|座間味島

阿真ビーチ

座間味島の阿真集落にある静かなビーチが阿真ビーチです。阿真集落へのアクセスは、座間味港から徒歩15分ほど。ビーチの近くにはロッジやキャンプ場もあり、売店もあるため静かながら便利な立地です。遠浅で波が穏やかな上、自然に近い状態での海を楽しむことができます。また、ビーチにはウミガメが住み着いていることもあり、運が良ければウミガメが悠然と泳ぐ姿や砂浜に上がってくる姿を見ることもできます。

手付かずの自然が残された、
優雅に過ごせる穴場ビーチ~阿嘉島~

阿嘉集落と阿嘉大橋

座間味島の南西部すぐに位置しているのが、座間味村に属する島の中で二番目に大きい「阿嘉島」です。阿嘉島は慶留間島(げるまじま)、外地島(ふかじじま)と大橋で繋がっており、レンタカーやレンタルバイクを利用すれば自由に島の間を行き来することができます。
阿嘉港には映画「マリリンに逢いたい」のシロの像があり、島のシンボルの1つとして知られています。また、阿嘉島は国の天然記念物として知られている「ケラマジカ」が生息していることでも知られています。

北浜ビーチ(にしはまビーチ)|阿嘉島

北浜ビーチ

そんな阿嘉島を代表するビーチが北浜ビーチです。北浜ビーチは阿嘉島のすぐ東部に位置し、徒歩やレンタルサイクルを使ったアクセスが一般的です。
透明度の高さは古座間味にも劣らないといわれています。ビーチのすぐ近くでは濃い緑の原生林が生い茂り、全身で沖縄の自然に触れることができます。シュノーケリングを楽しむもよし、波打ち際で海のグラデーションをのんびりと眺めてもよしのビーチです。