> > > 泡盛初心者必見!泡盛のおいしい楽しみかた

泡盛初心者必見!泡盛のおいしい楽しみかた方

「泡盛=クセが強い」 この公式はもう成り立ちません!

沖縄の名産品のひとつである“泡盛”は、沖縄ブームをきっかけに、全国的に認知されるようになりました。とはいえ、泡盛に対して「クセがありそう」、「アルコール度数のキツいお酒」といったイメージを持っている人が多いのも事実。
尚且つ、沖縄だけでなく全国的にも若者のアルコール離れが進んでいることから、口にする機会はより少なくなっていると考えられます。

沖縄の台所 ぱいかじ国際通り店

写真提供:沖縄の台所 ぱいかじ国際通り店

しかし!泡盛はそんな人たちにこそ飲んでほしいお酒。常に進化している泡盛は、今やクセやキツさを感じるような心配はありません!
その理由は、種類やアレンジ、飲み方など、至るポイントにおいて、“飲みやすさ”、“おしゃれさ・かわいさ”などの工夫が施されているから。

そこで今回は、皆さんに知ってほしい、“泡盛の本当の魅力”についてご紹介します。特に女性の方は必見ですよ。

まずは基本情報から。泡盛ってどういうお酒?

泡盛は、15世紀にタイから日本へと伝わった日本最古の蒸留酒。まろやかさとコクの両方を併せ持つ味わいと、鼻にスッと通る深い香りが特徴的です。
泡盛は種類がとても豊富で、新酒や古酒をはじめ、アルコール度数の高いもの・低いものなど実にさまざま。泡盛専門店や居酒屋にて試飲を繰り返し、自分に合った種類を探してみるのも楽しみ方のひとつです。

古酒甕

そんな泡盛は、コミュニケーションツールのひとつでもあります。泡盛をきっかけに、旅行者とうちなーんちゅ(沖縄の人)との交流が始まることもしばしば。おしゃべりが苦手な人は、泡盛の力を借りてみるといいかもしれませんね。

                

若者と女性の心を鷲掴み! 泡盛カクテル・泡盛リキュール

                

「泡盛=ロック・水割り」というイメージが定着していますが、実際にはそのようなことはありません。沖縄には、“泡盛を使ったオリジナルカクテル”を提供しているバーや居酒屋が盛りだくさん!

泡盛カクテル

写真提供:沖縄創作料理 ロケーションダイニング凪

なかには、人気No.1カクテルが泡盛カクテルのお店もあるとか……。それほど泡盛カクテルは、多くの人たちに親しまれているのです。
泡盛カクテルに使用されるのは、さっぱりとした程よい酸味のある柑橘系フルーツや、甘味のあるトロピカルフルーツのジュースまたはリキュール。シークヮーサーやレモン、マンゴー、パイナップルなどのフルーツと泡盛の相性は抜群で、泡盛独特の風味を和らげてくれます。そのため、泡盛が苦手な人でも抵抗感なく、気軽に楽しむことができますよ。

そして、“泡盛リキュール”。これは、沖縄県内の泡盛業界で開発が進められている混成酒のこと。
こちらも、カクテルのような程よい酸味や甘味を感じられることから、若い女性を中心に人気を高めています。種類も豊富で、梅酒やマンゴーリキュールなどがその一例として挙げられます。なかには、沖縄の県産品である黒糖を使用している泡盛リキュールもあり、こちらはお土産の品としても人気のようです。

泡盛リキュール

写真提供:ととちゃんぷる

そんな泡盛リキュールの魅力は、「アルコール度数が低い」というところ!これなら、お酒が弱い人でも気を楽に味わうことができますね。

カクテルやリキュールといった普段から馴染みのあるものなら、誰でも気軽に泡盛を味わうことができるはず。泡盛初心者の人は、こういったタイプからはじめて徐々に普通の泡盛に変えてみるというのもよいかもしれません。

美と健康に効果的!泡盛がもたらす嬉しい効果

ご存知でない人も多いかと思いますが、なんと、泡盛は美と健康によい効果をもたらしてくれます!

とくに注目されているのは、「血栓症対策効果」。泡盛には、固まった血液を溶かす因子であるプラスミンの量を増やす効果があります。そのため、泡盛を適量飲むことで、血液をサラサラにすることができるのです。なお、血液の循環をスムーズにすることができれば、冷え性を改善したり、生理痛を軽減したりすることができます。
そして、疲労回復と美肌にもよいといわれています。日頃の疲れを解消し、かつ新陳代謝を活発にすることから、お肌にもツヤと潤いがもたらされます。

女性にとって美と健康は、常に意識しておきたいもの。泡盛を飲んで、体内・外見ともにより美しくなりましょう。

自分好みの泡盛を見つけて味わおう

いかがでしたか。泡盛には、苦手意識を持っている人でも気軽に楽しめるよう、さまざまな工夫が施されています。沖縄旅行に訪れた際は、ぜひ自分好みの割り方、カクテルやリキュールで、泡盛の味を楽しんでみてください!