> > > ビール好き必見! オリオンハッピーパークのいろは

ビール好き必見! オリオンハッピーパークのいろは

沖縄でぜひ味わってほしいお酒類といえば、オリオンビール! 一度口にすれば、軽快感とクリーミー感の虜になること間違いありません。そんなオリオンビールの製造元・オリオンハッピーパーク(オリオンビール名護工場)では、1時間で約72,000本もの数量を製造できる缶ビールをはじめ、ビンビール、樽生を製造しています。今回は、そのオリオンビールの特徴やオリオンハッピーパークの魅力をご紹介します。

泡盛と並び2トップ! 沖縄県民に愛される名産品“オリオンビール

  • オリオンビール缶イメージ
  • 沖縄の名産品「オリオンビール」は、昭和34年に誕生しました。その数は、ビール・発泡酒・新ジャンル・期間限定品を合わせ9種類(2016年2月現在)。沖縄の気候に合わせた爽やかな味わいが特徴的な「オリオンドラフト」や、抜群なキレと本格辛口が魅力的な「スペシャルエックス」などがその一例です。
    ちなみに、オリオンビールという名は一般公募により命名されています。南の星・オリオン座などからとっており、沖縄らしさとアピール度が評価され選ばれたそうです。

美味しさの秘密がココに! オリオンハッピーパーク

  • オリオンハッピーパーク
  • 日本で唯一、オリオンビールを製造している「オリオンハッピーパーク」。ここではオリオンビールの歴史に触れたり、製造工程をガイドの説明付きで見学したりすることができます。沖縄県民に愛される味はどのように誕生しているのか。その一部始終をご覧ください!

    受付時間
    9:20~16:40(要予約)
    所要時間
    約60分(見学40分、試飲20分)
    休業期間
    12月31日~1月3日及び館内メンテナンス日など
    ※土曜・日曜・祝日は機械休止だが見学可
    料金
    無料

原料・粉砕

原料・粉砕

オリオンビールは、麦芽やホップ、良質な水を原料としています。世界各地より厳選されたものを取り寄せ使用し、独自の味を生み出しています。

仕込

仕込

粉砕した麦芽を加熱し、甘い麦汁(ビールの素)をつくります。これをろ過しホップを加え煮込んだあと、冷やして発酵タンクへと移します。

発酵

発酵

冷やした麦汁に酵母を追加し、発酵させます。麦汁に含まれる糖分は、酵母によりアルコールと炭酸ガスに分解され、約1週間で若ビールになります。

貯酒

貯酒

若ビールを貯酒タンクで十数日間ゆっくりと熟成させると、バランスのとれた美味しいビールへと仕上がります。しかし、まだ完成ではありません。

ろ過

ろ過

時間をかけて熟成させたビールから、酵母と余分なタンパク質を取り除きます。そうすると、きれいな琥珀色のビールをつくり出すことができます。

ビン詰

ビン詰

ろ過まで完了したビールは、自動化された生産ラインにてビンや缶、樽などの容器へ詰められます。なお、生産ラインは品質管理を徹底しています。

工場見学後は、出来立てのオリオンビールで喉を潤そう!

  • オリオンハッピーパーク
  • 工場見学を終えたら、試飲券とおかわり券を手に、オリオンビール園「やんばるの森」へ! ここではオリオンビールの試飲を楽しむことができます。なお、お食事のみの利用も可能です。北部観光がてら、ぜひ立ち寄ってみてください。

    営業時間
    10:00~19:00(L.O.18:30)
    座席
    座席数130席、個室最大72席
    休業期間
    12月31日~1月3日及び館内メンテナンス日など
    電話番号
    0980-52-2126
試飲イメージ写真

キンキンに冷えたグラスに注がれたオリオンビール。試飲は2杯までOKで、おつまみ付き。工場直結の味は、やみつきになるほどの美味しさです!

ショップイメージ写真

オリオンオリジナルグッズをはじめ、各種お土産品を多数取り揃えています。家族や友人、恋人と、それぞれに合った商品がきっと見つかるはずです。

ギャラリーイメージ写真

昭和40年代の「まちやぐぁ(小さな雑貨店)」を再現したスペース。レトロな雰囲気が漂うなか、オリオンビールの歴史を学ぶことができます。


  • オリオンハッピーパーク情報はこちら
  • オリオンハッピーパーク周辺情報はこちら