ホーム > 〜おきなわ縦断〜うちなーグルメ食べ歩き

〜おきなわ縦断〜うちなーグルメ食べ歩き

沖縄本島マップ
テッパン観光地「沖縄美ら海水族館」を目指して、おきなわドライブ。しかし!車を走らせ目的地へ向かうだけでは物足りない。
ドライブ途中、いろいろな沖縄食材を使ったグルメが手軽に楽しめる『カップグルメ』をつまんだり、地元食材をふんだんに取り入れたオリジナル鍋『島鍋』を堪能したり・・・観光しながら沖縄ならではのごはんやスイーツで、お腹もココロも満たしていこう♪
ポイントをご紹介!

11:00  遅めの朝食を終え、ゆっくり身支度し那覇を出発!

ポイント1 旅のスタートはやはり海、真っ青な大海原を前に元気チャージ!
那覇市街地からも近い「アラハビーチ」を目指し、途中『FISH TAIL』と『オールドスパイス』へ寄り道。パサつきがちなカジキをしっとりと衣サクサクに揚げた「県産魚のフィッシュ&チップス」に、ほど良い甘さがたまらない「ひんやりマンゴースムージー」をテイクアウトし、溶けないうちに急いでビーチへ。 こんなステキなビーチが街中にあるのも沖縄の魅力!時間が過ぎるのも忘れてしまいそ。
FISH TAILオールドスパイス

12:00  58号線を一気に北上~!絶景ビューにカンゲキっ!!

ちょっと寄り道 オキハムの豚さん&牛さんちょっと寄り道 象の鼻のような万座毛

13:45 少し長めのドライブだったので、ひと休み

ポイント2 まったりと南国味覚を味わう至福の時間
旬のフルーツを使ったスイーツで人気の『フルーツカフェ』へ。スイーツに目がない女子にとってたまらない豊富なメニューの中から選んだのが「フルーツパフェ」。ソフトクリームの上には4種類のフルーツがてんこ盛りとなり、ひと口食べるだけでテンションもMAX!食べ終わるまで「しあわせ~」を連発してました。
OKINAWAフルーツらんど

15:00 青のコントラストがステキな瀬底島で目の保養

ポイント3
周囲約8kmに囲まれた島「瀬底島」。沖縄本島と全長762mの「瀬底大橋」で結ばれ、橋から眺める海と空の大パノラマは絶景としかいいようがないほど!橋の上では停車ができないので、写真を撮るなら橋したの防波堤からがおすすめ。
瀬底大橋

15:15 山羊&みそ和えデビュー!恐る恐る食べた結果は・・・・・・?!?

ポイント4
キッチンカーのヒージャー(山羊)カルパッチョ
『ヒージャー』とは沖縄でヤギのこと。主に汁物として食し、独特のケモノ臭で苦手な人が多いと聞いていたが・・・。意外や意外!かなりの美味しさ!タタキのように表面を焼き、半生状態で生野菜と一緒にいただくと、臭みもほとんどなくペロリと完食。
キッチンカー
ポイント4その2
海生活のみそ和え
お次は隣接した『海生活』で「みそ和え」を。刺身と味噌の相性の良さに、これまた驚き!目の前の漁港で水揚げされた新鮮なカツオとマグロにタマネギやキュウリを入れ、赤味噌とお酢、コーレーグース(泡盛漬けした島とうがらし)を混ぜたソースでからめた一品。う~!ビールと一緒にいただきたいっ!!
海生活

16:00 王道スポット!やはり沖縄旅行には外せません

マストスポット ビックスケール!沖縄美ら海水族館マストスポット ノスタルジックな備瀬のフクギ並木

19:00 おまちかね!極上の島鍋を堪能

マハイナウェルネスリゾートオキナワ
マハイナウェルネスリゾートオキナワ
ポイント7 希少価値高い純系アグー豚のおいしさに浸りたい
今日の宿泊先は沖縄美ら海水族館すぐ近くのホテルマハイナで。朝からつまみ食いばかりしていたので、夜ごはんは少し豪華に沖縄ブランド肉をいただきます!お目当ては「アグー豚のしゃぶしゃぶ」。しかも、ここで提供しているアグー豚は琉球在来豚アグーの血統を99%も受け継いだという究極の黒豚・北部農林ブランドの純系アグー。とろける舌触りと脂身の甘みは極上という言葉がピッタリの逸品!今日の〆にふさわしくココロもからだも満たされました。やはり、旅には島のグルメが欠かせませんね。
ラグナガーデンホテルルネッサンス リゾート オキナワ

下記プランを利用すると”カップグルメ”がついてくる!

2014年11月1日~2015年3月31日期間中、JTB日本の旬企画として「るるぶトラベル限定プラン」が登場! 39施設の『カップグルメ』が全て楽しめるグルメマップ付の宿泊プランや各ホテルのオリジナリティーあふれる島鍋が付いた宿泊プランなど、秋~春の沖縄をおトクに楽しめるプランが勢ぞろい!
るるぶトラベル/カップグルメ宿泊プランるるぶトラベル/島鍋宿泊プラン

▲TOPへ戻る

沖縄おすすめ特集