ホーム > 沖縄離島【冬】 もう一歩先の観光体験

沖縄離島 もう一歩先の観光体験

沖縄離島の魅力的な観光体験を集めた情報サイト『リトハク』。個性豊かな沖縄離島を4つのエリア(八重山諸島、宮古諸島、沖縄本島周辺離島、久米島)に分け、冬の観光情報を紹介しています。
今回、その中でも選りすぐりの最新島遊びメニューをリッカドッカがピックアップしてみました。知っているようで知らなかったもう一つの島の楽しみ方を見つけてみませんか?沖縄本島とは一味違う感動が待っているはず。

八重山諸島

穏やかな島時間に包まれた素朴な島「鳩間島」を自転車で気ままに巡る

八重山諸島で最も小さな有人島「鳩間島」は、周囲3.9キロメートルと徒歩でも1~2時間程で一周出来るほど。人工的な観光スポットはほとんどなく、手付かずの豊かな自然に囲まれています。
島内の観光にはレンタル自転車がおすすめ。鳩間島灯台隣にある「物見台」でド肝を抜く絶景を望んだり、ガジュマルの木陰が優しいひとときを与えてくれる天然ビーチ。サイクリング中に見かける山羊と戯れたりと、憧れていた穏やかな時間を過ごすことができるはず。

  • 鳩間島

    TVドラマ『瑠璃の島』(2005年)で一躍有名になった鳩間島(はとまじま)

  • プライベートビーチ

    決して広くはないが、人が来ることはほとんどない、ちょっとしたプライベートビーチ

  • 海風のシーフードカレー

    船原浜に程近い『海風』のシーフードカレー(日替わりランチ)。島の旬な海の幸がたっぷり

八重山諸島で最も小さな有人島「鳩間島」は、周囲3.9キロメートルと徒歩でも1~2時間程で一周出来るほど。人工的な観光スポットはほとんどなく、手付かずの豊かな自然に囲まれています。
島内の観光にはレンタル自転車がおすすめ。鳩間島灯台隣にある「物見台」でド肝を抜く絶景を望んだり、ガジュマルの木陰が優しいひとときを与えてくれる天然ビーチ。サイクリング中に見かける山羊と戯れたりと、憧れていた穏やかな時間を過ごすことができるはず。

DATA
お問い合せ先:竹富町観光協会
所在地:沖縄県石垣市美崎町1-5
TEL:0980-82-5445

宮古諸島

日本で最も美しい村「多良間島」で黒糖づくり体験

宮古島から39人乗りの小さなプロペラ機に乗って約25分、美しい海に囲まれた多良間島に到着します。美しい景観のみならず、地域の伝統行事が世代から世代に受け継がれており、沖縄の中でも自然と文化と人の暮らしが調和した島です。
この島の特産品のひとつに、さとうきびから作られる黒糖があります。今回はその黒糖づくり体験を紹介。前日に収穫されたばかりの新鮮なさとうきびを圧搾し、鍋で加熱しながらの濃縮。熟練の職人たちの指導の下、出来上がった黒糖ははたしてどんな味わいとなったのでしょうか。

  • ウージ(さとうきび)刈り

    多良間の黒糖は複雑で奥行きのある味わいが評価され、とても人気があります

  • 黒糖作り

    大きな鍋での作業なので、鍋底をやさしく撫でるようにかき混ぜていきます

  • だんだんと黒糖のように固まってきている様子

    かくはん棒で根気強くかき混ぜていると、みるみる粘り気が強くなってくるのがわかります

宮古島から39人乗りの小さなプロペラ機に乗って約25分、美しい海に囲まれた多良間島に到着します。美しい景観のみならず、地域の伝統行事が世代から世代に受け継がれており、沖縄の中でも自然と文化と人の暮らしが調和した島です。
この島の特産品のひとつに、さとうきびから作られる黒糖があります。今回はその黒糖づくり体験を紹介。前日に収穫されたばかりの新鮮なさとうきびを圧搾し、鍋で加熱しながらの濃縮。熟練の職人たちの指導の下、出来上がった黒糖ははたしてどんな味わいとなったのでしょうか。

DATA
お問い合せ先:合同会社ツーリズムたらま
所在地:沖縄県宮古郡多良間村仲筋2506-1
TEL:0980-79-2966、090-1941-6222

沖縄本島周辺離島

ハブがいない島「粟国島」で寝転がりながら星空観察

那覇市から北西に約60キロメートルの距離にあり、沖縄本島から船で2時間程度で行ける粟国島。人工の光によって星が見えにくくなることが少ないので星空観察に適しています。
日が暮れると、次第に宝石のように星々が輝き始め、自然のプラネタリウムの美しさに感激! 180度広がる満天の星を見ていると、なんともいえない幸福感に満たされていきます。ふだん都会ではなかなか見ることができない夜空に巡り合えるはず。

  • 粟国島空撮

    沖縄県内でも非常に珍しい火山活動でできた島。火山の島であったことを証明する地層を見ることができる

  • 星空をキャンバスにみたて説明

    広大な星空をキャンバスに懐中電灯をあて詳しく説明

  • 寝転がるとまるで星が降ってくるよう

    寝転がりながらの星空観察も格別。時折吹く夜風も心地よいが、冬場は暖かい格好をおすすめ

那覇市から北西に約60キロメートルの距離にあり、沖縄本島から船で2時間程度で行ける粟国島。人工の光によって星が見えにくくなることが少ないので星空観察に適しています。
日が暮れると、次第に宝石のように星々が輝き始め、自然のプラネタリウムの美しさに感激! 寝転がりながら180度広がる満天の星を見ていると、なんともいえない幸福感に満たされていきます。ふだん都会ではなかなか見ることができない夜空に巡り合えるはず。

DATA
お問い合せ先:粟国村観光協会
所在地:沖縄県島尻郡粟国村東1142
TEL:098-896-5151(要予約/担当・四方)

久米島

久米島2大泡盛からみる泡盛の魅力

沖縄県が誇るお酒、泡盛。県内には47の酒造所があります。今回紹介するのは久米島(くめじま)にある泡盛酒造所。キレイで豊富な水資源に恵まれた久米島は、泡盛造りに最適な土地と言われており島内には2つの酒造所があります。
昭和24年創業、泡盛の生産規模が県内最大級となる「久米島の久米仙」と家族経営の小規模な「米島酒造」です。
それぞれの個性を探りにいってきました。

  • 久米島の久米仙の「球美島(くみしま)」

    久米島の久米仙が造る35度の3年古酒「球美島(くみしま)」は久米島でしか手に入らない代物

  • 米島酒造の「星の灯(ほしのあかり)」

    島内での出荷を優先している米島酒造の「星の灯(ほしのあかり)」

  • Shop久米紅のメッセージ彫刻

    泡盛ボトルに名入れやメッセージを彫刻するサービスを行っている「Shop久米紅(くめくれない)」

沖縄県が誇るお酒、泡盛。県内には47の酒造所があります。今回紹介するのは久米島(くめじま)にある泡盛酒造所。キレイで豊富な水資源に恵まれた久米島は、泡盛造りに最適な土地と言われており島内には2つの酒造所があります。
昭和24年創業、泡盛の生産規模が県内最大級となる「久米島の久米仙」と家族経営の小規模な「米島酒造」です。
それぞれの個性を探りにいってきました。

DATA
お問い合せ先:株式会社久米島の久米仙
TEL:098-985-2276
お問い合せ先:米島酒造株式会社
TEL:098-985-2326