> > > 恩納村に宿泊する人必見!ジャンルで探す恩納村のおすすめ居酒屋12選

恩納村に宿泊する人必見!ジャンルで探す恩納村のおすすめ居酒屋12選

  • 島時間
  • 琉球亭

リゾートホテルが多く立ち並ぶ沖縄県屈指の人気エリア・恩納村。海やサンセットを間近で堪能できる店をはじめ、ファミリー向けの座敷席や個室を完備した店、沖縄民謡ライブが楽しめる店まで12店舗を一気に紹介します。

Spot.1

ムード満点。秘密にしたい隠れ家居酒屋「ロケーションダイニング凪」

ロケーションダイニング凪

海を目指してサトウキビ畑の間を走ると現れる隠れ家居酒屋「ロケーションダイニング凪」。木を基調とした店内では、心安らぐジャズミュージックが流れています。ガラス張りの座席から見えるサンセットや夜景は、時を忘れて楽しめるほど。沖縄の陶芸家が一つひとつ作り上げた器や、琉球グラスがより一層食事を豪華に彩ってくれます。

★おすすめポイント★
隠れ家のような落ち着いた雰囲気の店内とムード満点のロケーションは、デートや記念日にもぴったり。2名から利用できる沖縄県産牛のもつ鍋コースや、沖縄料理が堪能できる沖縄満喫セットコースもおすすめです。
Spot.2

くつろぎ空間で味わううちなー時間。「あぐーしゃぶしゃぶ・沖縄料理 かふぅ」

あぐーしゃぶしゃぶ・沖縄料理 かふぅ

国道58号線沿いにある石造り看板が目印の「あぐーしゃぶしゃぶ・沖縄料理 かふぅ」。店内の入口では、大きな水槽でのびのびと泳ぐ熱帯魚たちが出迎えてくれます。イチオシメニューは、自慢のつけダレで食べるあぐーしゃぶしゃぶ。ふんわりとした明かりが作り出すくつろぎ空間で、時間がゆったり流れるうちなー(沖縄)時間を楽しんで。

★おすすめポイント★
泡盛の空き瓶でできた照明や、県出身アーティストの曲や沖縄民謡を中心としたBGM、数多くの泡盛や古酒が並ぶ店内は沖縄感満載。見て・聴いて・味わって、全身で沖縄を感じられること間違いなし。
Spot.3

目の前に広がる海×サンセットを独り占め。「沖縄ダイニング 海の家」

沖縄ダイニング 海の家

「沖縄ダイニング 海の家」はその名の通り、目の前に東シナ海が広がる沖縄居酒屋。景観の良さに観光客はもちろん、地元の人からも人気のお店です。オーナー自ら地元の漁師から仕入れる新鮮な海の幸、農家直送のゴーヤー紅芋など、地元食材を使った料理を心ゆくまで楽しんで。赤瓦屋根で踊るたくさんのシーサーが目印です。

★おすすめポイント★
海岸に面しているため、西海岸へと沈むサンセットを間近で眺めることができます。季節によってサンセットタイムが異なるので、冬場であればオープン時間の17時に合わせていくのがおすすめ。
Spot.4

家族みんなをおもてなし。広々過ごせる「琉球亭」

琉球亭

家族連れに人気のホテル・リザンシーパークホテル谷茶ベイから徒歩1分の場所にある「琉球亭」。海鮮や沖縄料理など多彩な料理が楽しめ、100席近くある広々とした店内には、足を伸ばしてくつろげる座敷席や掘りごたつ席が完備されています。また、恩納村内のホテルなら無料送迎も行っているので、三世代での家族旅行や小さな子どもが一緒でも安心です。

★おすすめポイント★
子ども用のイスや取り皿も用意しているので、必要な人はスタッフまで声かけを。パインジュースやマンゴージュースなど、南国感たっぷりのソフトドリンクもあるので子どもも一緒に楽しく乾杯!
Spot.5

大人も子どもも大満足。メニューが豊富な「ととちゃんぷる」

ととちゃんぷる

さまざまな料理がリーズナブルに味わえると地元客からの人気も高い「ととちゃんぷる」。島らっきょうや近海魚のバター焼きなどの大人向けメニューに加え、紅芋コロッケや沖縄のブランド豚を使ったソーセージなど子ども向けのメニューも盛りだくさん。個室が12部屋に掘りごたつのテーブル席もあり。お子様の年齢やシーンに合わせて選べます。

★おすすめポイント★
沖縄料理だけでなく、居酒屋料理や創作料理、お子様メニューも豊富なので、お子様からご年配のお客様まで、老若男女問わず沖縄でのご夕食が楽しめます!お店自慢のお魚料理もぜひご堪能下さい。
Spot.6

DVD付個室あり! お部屋気分でゆったりと「万座テーブル」

万座テーブル

沖縄の定番料理や創作料理を気取らず楽しめる「万座テーブル」。じっくり煮込んだラフテーとマッシュポテトが絡み合うラフテーのマッシュポテト添えは世代を問わず大人気の看板メニューです。ほかにも、かつお出汁が効いた沖縄そばや子どもでも食べやすい味付けのタコライスなど、家族みんなで分け合える料理も多数取り揃えているので要チェック!

★おすすめポイント★
4部屋ある個室は全室DVD完備。ソフトの持ち込みはもちろん、店舗でも子ども用ソフトの無料貸出を行っているので、大人も子どももくつろぎながら食事を楽しむことができます。席の予約をしておくとスムーズですよ。
Spot.7

味と安全にこだわった料理が自慢「琉球島料理 田芋」

琉球島料理 田芋

食の安全にとことんこだわった「琉球島料理 田芋(たーんむ)」。沖縄方言で「たーんむ」と呼ばれる田芋は、さまざまな料理にぴったり。ここでは、スタッフ自ら育てた自慢の田芋を天ぷらや甘辛揚げ、どゅる天、りんがく(田楽)で堪能することができます。そのほか、約35羽分の久米島鶏ガラを2日間かけて煮込んだ白濁スープもコラーゲンたっぷりでおすすめ。

★おすすめポイント★
料理だけでなくドリンクメニューも魅力的! 泡盛を使ったカクテルやサワー、泡盛の果実酒やレアな泡盛が勢揃い。泡盛の飲み比べができるコースもあるので、泡盛好きは必見です。
Spot.8

琉球家屋で沖縄料理を思う存分に堪能できる「沖縄料理の店 島時間」

沖縄料理の店 島時間

赤瓦屋根と石垣が目印の「沖縄料理の店 島時間」は、80種類以上の沖縄料理を楽しめる店です。イチオシは、沖縄在来豚の血を引くブランド豚・金城アグーのしゃぶしゃぶ。バラ肉とロースの両方を味わえて、豚肉本来の甘みが島野菜と相性抜群で誰もがぺろりとたいらげてしまいます。そのほか、地元の漁師から仕入れた新鮮な生マグロや生島タコの刺身もおすすめです。

★おすすめポイント★
お昼の時間は、沖縄そば専門店に姿を変えます。化学調味料は不使用で、厚削り鰹節と昆布で取った出汁に、甘辛く味付けされた本ソーキが乗った「島そば」は子どもから大人まで大人気の一品です。ランチの後は沖縄ぜんざいもどうぞ。
Spot.9

秘伝のつゆだしが自慢! 沖縄のブランド豚を食べ比べできる「沖縄居酒屋 アダン」

沖縄居酒屋 アダン

アグー豚、やんばる島豚、紅豚、長寿豚、琉美豚という沖縄ブランド豚5種を取りそろえた沖縄豚しゃぶしゃぶの店「沖縄居酒屋 アダン」。シンプルな出汁でしゃぶしゃぶしたお肉を、秘伝の特製つゆだしでいただきます。どのお肉とも相性ばっちりなので、気になる豚肉を少しずつ注文するのがおすすめです。鍋のシメは沖縄そばを投入! 豚肉の旨味が溶け出した出汁と沖縄そばがよく絡んで最後までおいしく食べられます。

★おすすめポイント★
海ぶどうやジーマミー豆腐など観光客に人気の料理が豊富にそろう中、オリジナルメニューの白いラフテー(豚の角煮)は自慢の一品。塩で煮込んでいるので、お箸で崩れるほど柔らかく、泡盛ともよく合います。
Spot.11

食べて飲んで唄って! ライブ居酒屋「沖縄の台所ぱいかじ 恩納本店」

沖縄の台所ぱいかじ 恩納本店

沖縄料理と伝統芸能を一度に楽しめるエンターテインメント居酒屋「沖縄の台所ぱいかじ 恩納本店」。沖縄らしい色鮮やかな外観と、入り口に立つ琉球衣装に身を包んだ女性スタッフが、沖縄に来た~!と感じさせてくれます。19時、20時、21時の1日3回開かれる三線の生演奏ライブで沖縄の文化を心ゆくまで体感できます。

★おすすめポイント★
民謡ライブを鑑賞しながら泡盛片手に乾杯! 県内37酒造の泡盛を豊富に取りそろえているので自分好みの味を探してみては。恩納村内の近隣ホテルであれば、無料送迎も行っているのでお酒を飲んでも安心です。
Spot.12

にぎやかな三線ライブと自慢の鉄板料理で誰もが満足! 「ダイニング&泡盛Barうら庭」

ダイニング&泡盛Barうら庭

「ダイニング&泡盛Barうら庭」は、リピーターも多い人気店。毎日開催される無料の三線ライブは、沖縄民謡から沖縄ポップスまで幅広い選曲で誰もが楽しめます。最後はみんなでカチャーシーを踊れば気分は最高潮に。タイミングが良ければ、沖縄伝統芸能の一つであるじゅり馬を使って踊る種馬ダンサーズに出会えるかも!?

★おすすめポイント★
定番の沖縄料理だけでなく、沖縄県産食材を使った鉄板料理が自慢です。沖縄県産黒毛和牛・もとぶ牛のサーロインステーキは、甘くて柔らかい肉質が特徴で一度食べたら虜になること間違いなし。
Spot.14

毎日開催! 日替わりライブステージ「純沖縄料理 三線の花」

純沖縄料理 三線の花

恩納村リゾートエリアの真ん中、ホテルモントレ沖縄スパ&リゾートの真向かいにたたずむ「純沖縄料理 三線の花」。19時と20時半の2回、約30分間ずつ開催される三線ライブは、日替わりでさまざまな演者が登場します。歌の内容や沖縄の言葉を説明してくれるので、わかりやすくて自然と身体が踊り出す人続出! 三線ライブを眼の前で楽しむには席の予約が必須です。

★おすすめポイント★
豊富にそろえた泡盛はオーナーが厳選した琉球ガラスで。スタッフに一声かければ、おすすめの泡盛を教えてくれます。恩納村の海で獲れたもずくや、ちゃんぷるー、にんじんしりしりーなど定番の沖縄料理も自慢です。

2018年7月11日

PAGE
TOP