> > > 「沖縄エアポートシャトル」で沖縄美ら海水族館へ直行!バス旅の魅力とは?!

「沖縄エアポートシャトル」で沖縄美ら海水族館へ直行!バス旅の魅力とは?!

2018年5月、那覇空港から沖縄美ら海水族館まで一本で行けるシャトルバス「沖縄エアポートシャトル」が誕生しました! 沖縄自動車道(高速道路)を使っても2時間近くかかってしまう沖縄美ら海水族館。バス旅なら運転の疲れや道に迷う心配をせずに、会話や景色を目一杯楽しむことができます。また、ツアーバスと違い、帰りの時間を気にしなくていいから滞在時間を自由に調整できるのも魅力のひとつ。今回は、沖縄観光では絶対に外せない大人気スポット「沖縄美ら海水族館」への移動をより楽しむべく、沖縄エアポートシャトルを体験してきました!

沖縄らしさ満載。旅を彩るシャトルバスにテンションUP!

おもろまち駅前広場より乗車

「沖縄エアポートシャトル」は、那覇市内の主要なバス停数カ所から乗ることができ、なんと市内は乗車料金が一律。今回は、那覇市おもろまちにある「おもろまち駅前広場」から乗車してみましょう。
バス停で待っていると、朱色のボディーカラーに沖縄らしい花柄をまとったシャトルバスが迎えに来ました。

シャトルバスでいざ出発

いざ、乗車! 運賃の支払いは当日の現金払いと事前オンライン決済から選ぶことができ、オンライン決済なら当日は運転手さんに「予約番号」と「予約名」を伝えるだけで、スムーズに乗車できます。スーツケースや旅行バッグなど、大きな荷物はトランクルームに預けることもできるので、乗車時に運転手さんへひとこと伝えましょう。
ここでポイント! 沖縄美ら海水族館方面へは進行方向左側に海が見えるので、左側の座席がおすすめです。もし、空いていない場合はできるだけ前方に座り、フロントガラスから海を見ても◎。


リゾートエリア・恩納村へ突入。窓から見える景色に思わず連写!

車内

おもろまち駅前広場の次に停まるバス停は、なんと40km近く離れた恩納村のナビービーチ前。その間は、沖縄自動車道を通るので、信号待ちや人の乗降がなく、乗車時間が短縮されスムーズに移動できます。
沖縄自動車道を出たあとは一般道から、沖縄県屈指のリゾートエリア・恩納村に向かいます。バスの天井付近から腰辺りまである大きな窓から見る海は大迫力! 小さな子どもでも座ったまま外の景色を眺めることができるので満足すること間違いなし。車内にはパスワード不要の無料Wi-Fiが完備されているので、撮った写真をリアルタイムでSNSにアップできます。

ナビービーチ前

車窓からの風景を眺めたり、インターネットで調べ物をしているうちに恩納村・ナビービーチ前バス停に到着! 約10分間のトイレ休憩を挟みます。ここから沖縄美ら海水族館まではあと1時間程度かかるので、ここで小休憩をとり軽く体を動かしておくのがおすすめ。

車窓から見る西海岸の海

そのあとは、水族館までの4つのバス停全てで停留します。日本語をはじめ、英語や中国語など多言語対応のアナウンスで次のバス停を知らせてくれるので、初心者も海外の方でも押し忘れて降りられなかった……なんて心配はありません。


いよいよ目的地へ!まだまだ出てくるバス旅の魅力

沖縄美ら海水族館の黒潮の海

写真提供:国営沖縄記念公園(海洋博公園)

「記念公園前」で降車し、今回の目的地・沖縄美ら海水族館へ! 沖縄の人気観光地とあって車で行くと駐車場の空きを探すのに一苦労なんてこともありますが、バスならその手間が省け、ワクワク気分のままスムーズに水族館へ向かうことができました。
沖縄美ら海水族館を目一杯楽しみたい!という人にこそ、沖縄エアポートシャトルは最適。ツアーバスだと全員が同じスケジュールで行動するため、帰りのバスの時間が決まっていますが、沖縄エアポートシャトルは、1日に25便も運行しているので帰る時間を気にせず回れます。最終便の19時02分まで1時間に1本のペースでバスが来るから、滞在時間を自由に、そして細かく調整できるのもポイントです。

備瀬のフクギ並木を水牛車で散策

水族館を楽しんだあとは、10分ほど歩いて「備瀬のフクギ並木」へ。約2万本のフクギが立ち並ぶ、パワースポットとしても人気の観光地です。歩いて散策するのはもちろん、レンタサイクルや水牛車での散歩もおすすめ。帰りは、備瀬のフクギ並木から徒歩6分の「ホテルオリオンモトブ リゾート&スパ」から乗車しましょう。


この使い方ができればあなたも沖縄通!? バス活用術~応用編~

ナビービーチBBQ

定番の観光スポットは満喫したし、あとは那覇のホテルに戻るだけ……。ってちょっと待って! 最初に停留したナビービーチ前で降車すれば、サンセットを間近で見ながらビーチBBQが楽しめます。沖縄県民にとっては定番のビーチBBQで沖縄を遊び尽くしましょう。機材はもちろん、食材や調味料の用意が要らず、ゴミを持ち帰る必要もないから手ぶらでOK(※要予約)。

沖縄エアポートシャトルはラクラク乗るだけなので、BBQでお酒を飲んだり、移動時間に翌日の観光プランを練ったり、帰りのバスで眠ったりといろいろな過ごし方ができます。 沖縄観光の新たな移動手段「沖縄エアポートシャトル」で、自由で快適なバスの旅を体験してみてはいかがですか?

投稿:2018年7月23日

PAGE
TOP