沖縄-6月のおすすめイベント4選

沖縄-6月のおすすめイベント

6月の沖縄は、ちょうど梅雨の時期。しかしそんな時期でも、伝統行事や伝統芸能に触れたり、有名アーティストのステージを満喫したりと、楽しさ溢れるイベントが開催されています。
このページでは、そんな季節の沖縄を思う存分堪能できるイベントを4つご紹介します。

1

梅雨空を吹き飛ばす!漁師(ウミンチュ)達のお祭り・糸満ハーレー

糸満ハーリー※写真提供:糸満市役所

糸満市の年間行事のなかでも、とくに盛大なお祭りといえば「糸満ハーレー」です。糸満ハーレーとは、毎年旧暦の5月4日(2017年は5月29日)に糸満漁港中地区内で開催される伝統行事のこと。沖縄の伝統的な船である“サバニ”に参加者たちが乗り込み、“ムラ”と呼ばれる各コミュニティ同士で競漕を行います。会場は応援する地元客や観光客で盛り上がり、まさにお祭り騒ぎの1日となります。

糸満ハーレーでは各種競漕だけでなく、糸満漁港内に放たれたアヒルを捕まえる「アヒル取り競争」という競技も開催されます。アヒル取り競争は、地元客はもちろん観光客も自由に参加することができるイベント。競技開始の号令が鳴った途端、参加者が次々と海へ飛び込んでいく様子は圧巻です!
競技ではアヒルだけでなく大きなスイカが海に浮かべられたり、真鯛と交換できるボールが投入されたりするので、こういった景品を狙うのも楽しみ方のひとつです。

糸満ハーレー
【開催日時】2018年6月17日(日)10:00~16:00
【場所】糸満漁港中地区
【入場料】無料
【駐車場】駐車場なし。公共交通機関を利用しましょう
【問い合わせ先】098-992-2011(糸満ハーレー行事委員会)
【URL】糸満ハーリー
2

沖縄の伝統芸能をたっぷり堪能!エイサーナイト2018

糸満ハーリー写真:糸満市役所

6月1日(木)から、沖縄市各地にて「エイサーナイト2018」が行われます。これは、沖縄市が「エイサーのまち宣言」を行った日である6月13日前後の週末から旧盆までの期間中の土日に、エイサーを楽しむことができるイベント。
コザ・ミュージックタウン音楽市場や沖縄市コザ運動公園野外ステージなどといった場所で、各青年会がエイサーの演舞を披露します。

沖縄の伝統芸能のひとつ“エイサー”。その起源には諸説ありハッキリとしたことはわかっていません。一説では、琉球王国時代に伝わった念仏踊りが沖縄独自の伝統舞踊として発展し、エイサーが生まれたと考えられています。そんなエイサーの魅力は、何といっても勇壮な演舞! これを間近で観賞すれば、きっとチムドンドン(胸が高鳴ること)してしまうはずです。

エイサーナイトの特徴は、“独特の文化を持つ沖縄市でエイサーを楽しめる”という点にあります。エイサーナイトが開催される沖縄市は、戦後すぐに米軍基地の街として発展しました。バーやジャズクラブ、ファストフード店など当時のアメリカ文化を感じられるものが街の随所に残っており、沖縄とアメリカの文化が融合した“チャンプルー文化”の街として知られています。沖縄市の異国情緒を味わいながら、ダイナミックなエイサーを間近で鑑賞してみてはいかがでしょうか。

エイサーナイト2018
【開催日時】2018年6月17日(日)~8月12日(日)、19:00頃~(期日によって開催時間は異なります)
【場所】コザ・ミュージックタウン音楽市場、沖縄市コザ運動公園野外ステージ予定
【問い合わせ先】098-992-2011(糸満ハーレー行事委員会)
【URL】エイサーナイト2018
3

豪華アーティスト達が盛り上げる MIYAKO ISLAND ROCK FESTIVAL 2018

MIYAKO ISLAND ROCK FESTIVAL写真提供:G-KEN・MIYAKO ISLAND ROCK FESTIVAL実行委員会

6月17日(土)、宮古島コースタルリゾートヒララ トゥリバー地区ヘッドランド特設会場(宮古島平良地区)にて行われるのが「MIYAKO ISLAND ROCK FESTIVAL 2018」です。このイベントは、「離島の子どもたちに本物の音楽を聴かせ、大きな夢を与えたい」という趣旨のもと、2005年に立ち上げられました。

イベントのサブタイトルはズバリ、「~SAVE THE SEA,SAVE THE SKY~ 海に優しく、空に優しい、南の島のロックフェス」。
このイベントでは宮古島の自然を感じながら、豪華アーティスト達のステージを楽しむことができます。また、会場は美しいサンセットが望めるロケーションにあり、夕暮れになると日中とはまた違った雰囲気のなかでステージに熱中できますよ。

そんなMIYAKO ISLAND ROCK FESTIVAL 2018では、キャンプイン・スタイルでの参加が可能となっています。キャンプサイトはイベントの本会場から徒歩5分の場所に位置し、ここではさわやかな潮風や波の音をBGMに仲間と休息をとったり食事をしたりすることができます。テント及びテントマットをレンタルすることができるので、キャンプ初心者の方でも安心です。また、別途料金にて食材・器材付きのレンタルBBQプランも用意されています。宮古島の海を眺めながら、仲間とBBQを楽しんでみてはいかがでしょうか。

MIYAKO ISLAND ROCK FESTIVAL 2018
【開催日時】2018年6月23日(土)開場11:00、開演12:00
【場所】宮古島コースタルリゾートヒララ トゥリバー地区ヘッドランド特設会場
【予約】事前予約要
【入場料】前売り券6,000円、当日券7,000円、学生チケット4,000円(宮古島内限定販売)
※全席自由
※但し前売り券完売の場合は、当日券の販売はなしとなります。
【問い合わせ先】0980-79-6969/月~金 10:00~17:00 ※土日祝祭日休(MIYAKO ISLAND ROCK FESTIVAL 2018実行委員会)
【URL】MIYAKO ISLAND ROCK FESTIVAL 2018
4

沖縄の“うたの日”をお祝い。沖縄からうた開き!うたの日コンサート2018 in 嘉手納

うたの日写真提供:うたの日実行委員会事務局

6月24日(土)、嘉手納町にある兼久海浜公園にて「沖縄からうた開き!うたの日コンサート2018 in 嘉手納」が開催されます。このイベントは、県出身の人気アーティストであるBEGINが中心となって2001年に立ち上げたイベント。県内外の人気アーティスト達が圧巻のパフォーマンスを披露します。

そもそも“うたの日”とは、BEGINが制定した記念日。「堂々と歌い踊ることができなかった戦中の時代に思いを馳せ、うたがあることに感謝する」という趣旨のもと、沖縄戦が集結した6月23日の翌日、6月24日を“うたの日”としました。
なおイベントに関しては、地元民と国内外から訪れる観光客の方々を含め、老若男女みんなで参加してほしいとの思いから、毎年24日以降の土日いずれかに開催しています。

そんなうたの日コンサートが開催される兼久海浜公園は、海沿いに位置しています。そのため潮風を感じながら、開放的な雰囲気のなかでステージを楽しむことができます。
また、うたの日コンサートではTシャツやハーフパンツ、フェイスタオル、リストバンドといったオリジナルグッズが販売されています。これらのグッズを身につければ、出演アーティストや他のゲストとの一体感を味わいながらイベントを堪能できること間違いなしです!

沖縄からうた開き!うたの日コンサート2018 in 嘉手納
【開催日時】2018年6月24日(日)開場14:00(予定)、開演15:30(予定)
【場所】沖縄県嘉手納町兼久海浜公園
【入場料】大人3,000円、中学高校生1,000円、小学生・未就学児無料
【問い合わせ先】098-898-1331(うたの日実行委員会事務局/ピーエムエージェンシー内)
【URL】うたの日コンサート2018 in 嘉手納

見て、触れて、盛り上がる6月の沖縄

いかがでしたか? 本格的な観光シーズン前であっても、沖縄旅行は存分に楽しむことができます。6月の沖縄へ旅行に来たら、由緒ある伝統行事に触れるもよし、各音楽イベントで熱く盛り上がるもよし。夏目前の沖縄旅行を、思い切り楽しんでみてはいかがでしょうか。

PAGE
TOP