沖縄-8月のおすすめイベント4選

沖縄-8月のおすすめイベント

8月というと、夏本番! 「沖縄に着いたらとりあえず海」という方は、多いのではないでしょうか? もちろん、それも楽しみかたのひとつですが、ぜひ同時期に開催されているイベントにも目を向けてみてください。地元民と賑やかな交流を楽しめたり、心熱くなる伝統芸能を鑑賞できたり、きれいな星空を眺められたりと、沖縄ならではの夏を体感できるイベントが盛りだくさんですよ!そこで今回は、沖縄旅行の際におすすめのイベントを4つご紹介します。

1

圧巻のパフォーマンスを目の前に。一万人のエイサー踊り隊

一万人のエイサー踊り隊Photo:OCVB

「一万人のエイサー踊り隊」は、県内最大級のエイサー祭り。2018年は8月5日(日)、那覇市にある観光スポット・国際通りにて開催されます。
県内各地から集まった約70の青年会・子供会による演舞を間近で鑑賞でき、昔ながらの伝統を受け継いだエイサーはもちろん、最新の音楽や舞を取り入れたエイサーなど、各団体のこだわりがギュッと詰まった演舞は迫力満点! 勇壮な舞いが、沖縄の夏をより一層盛り上げます。

そしてエイサーといえば、パーランクーという名の打楽器による軽快な音と、大太鼓による重低音が魅力のひとつ! ドンッドンッと心臓に響くような音は、エイサーならではの音色です。さらに、その音に合わせて鳴り響く指笛がよいアクセントとなり、エイサーに華やかさをプラスします。こうした音に耳を傾けてみるのも、エイサーイベントの楽しみかたのひとつですよ。

一万人のエイサー踊り隊では、「にわかエイサー隊」というプチイベントも開催されます。これは、飛び入り参加でエイサー演舞を披露できるというもの。「見ているだけじゃ物足りない」「一緒に踊ってみたい」という方は、夏の思い出にぜひ参加してみてくださいね。(*別途、参加費1,000円)

第24回一万人のエイサー踊り隊
【開催日時】2018年8月5日(日)13:00~18:30
【場所】那覇市国際通り
【入場料】無料
【見学料】無料 ※「にわかエイサー隊」参加費1,000円
【問い合わせ先】098-863-2755 夏祭りin那覇実行委員会(那覇市国際通り商店街振興組合連合会)
【URL】第24回一万人のエイサー踊り隊公式サイトをみる
2

見上げれば、そこには満天の星空 南の島の星まつり

南の島の星まつり

「南の島の星まつり」は、石垣島で開催される星をメインテーマにしたイベント。今年は8月11日~8月19日の9日間に渡り、あらゆるスポットで多彩な催し物が開催されます。

このイベントの魅力は、離島ならではの透き通った空を彩るきれいな星を眺められること。イベント初日に開催される「ライトダウン星空観望会&夕涼みライブ」では、島の人々の協力により“全島ライトダウン”が行われます。普段街を灯している明かりをイベント開催時刻のみ消灯することで、夜空に瞬く星々をより鮮明に見ることができるのです。

石垣島は赤道に近い北緯24度20分にあります。そのため、石垣島で夜空を見上げれば、全88ある星座のうち84の星座を観賞することが可能です。それらが空いっぱいに浮かぶ光景は見る者を釘付けにします。星空ガイドによる星座解説や星にまつわるエピソード、そしてアーティストの演奏や歌声に耳を傾けながら、ゆったりとした時間を過ごしてみてください。

このほか、「天体観望会」や「プラネタリウム」など、各種催し物が開催予定です(全て予約制)。きれいな星空の下、一味違う沖縄の夏を体感してみてはいかがでしょうか?

南の島の星まつり2018
【開催日時】2018年8月11日(土・祝)~20日(日)10:00~18:00
【場所】南ぬ浜町緑地公園(石垣港新港地区)、南の美ら花ホテルミヤヒラ、VERA観測局(嵩田地区)、石垣島天文台、石垣港離島ターミナル
【URL】南の島の星まつり2018公式サイトをみる
3

90メートルもの大綱が町中から登場! 迫力満点の「与那原大綱曳」

与那原大綱曳

沖縄三大綱引きの一つである「与那原大綱曳」は440年以上続く歴史ある行事。2018年は8月11日と12日に行われます。綱は雄・雌とも各区に割り当てられ、地元の人達によって編まれます。両綱を合わせると重さ5トン、長さは90メートルと大迫力。
東西の部落から各綱の上に支度と呼ばれる青年が乗ったところから始まり、「サー」という掛け声で担がれた綱が、ホラ貝や太鼓の音ともに段々と近づいてきます。両綱を寄せたら、綱を結合する「カナチ棒」が両綱の隙間に挿入された瞬間、大綱が地面に叩き落とされ一気に綱引きがスタート!「曳」の漢字が使われているのは単に「引きずる」のではなく、綱を上下させて地面に叩きつけながら引くことからきていると言われています。

大綱曳は12日の17時開始。地元の子ども達によるエイサーから角力大会、沖縄出身アーティストによる音楽ライブ、ラストを彩る花火まで、一日中楽しめるイベントです。綱引きは誰でも参加できるので、沖縄旅行の記念に熱い汗をかきませんか?

第36回 与那原大綱曳まつり
【開催日時】2018年8月11日(土・祝)、12日(日)10:00〜21:00
【場所】与那原町御殿山青少年広場(与那原小学校向かい)
【URL】与那原大綱曳まつり詳細情報をみる
4

地元民に混ざってカチャーシーを体感!はごろも祭り

はごろも祭り

「はごろも祭り」は、宜野湾市に古くから伝わる“はごろも伝説”にちなんだお祭りで、毎年8月にぎのわん海浜公園(多目的広場)にて開催されます。(*2018年は9月30日の開催となります)

このイベントの魅力は、市民参加型の祭りであること。毎年、多くの地元民や観光客で賑わっています。 初日に行われる路上イベントのメインは、歴史絵巻を再現した察度王歴史絵巻行列。他にもマーチングや青年エイサーなど、地元民による催し物が行われます。2日目に開催される祭りの目玉「カチャーシー大会」も必見です!(*カチャーシー:沖縄の手踊り)
ステージでは沖縄の伝統芸能を普及しようと、老若男女が音楽や衣装にこだわったカチャーシーを披露します。見ているだけでも十分に楽しめますが、気分が乗ってきたらその場に居合わせた地元民と一緒に踊ってみるのもよいかもしれませんね。

このほか、沖縄県内で活躍するアーティストによるライブや、子どもも一緒になって楽しめる水鉄砲選手権大会なども楽しむことができます。そしてイベントのフィナーレに上がる約1,800発もの花火では、県内では珍しい一尺玉が打ち上げられます。夏の風物詩を、ぜひ沖縄で体感してみてください。

第41回宜野湾はごろも祭り
【開催日時】2018年9月30日(日)12:00~21:00
【場所】宜野湾市海浜公園多目的広場
【URL】第41回宜野湾はごろも祭り

旅行がてら、夏の風物詩を体感してみては?

いかがでしたか? 賑やかなお祭りから、静けさのなか星空を眺めるイベントまで、8月の沖縄では夏をさまざまなパターンで楽しむことができます。有名観光スポットもよいですが、たまにはこうしたイベントに参加してみるのもよいかもしれません。沖縄旅行をお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

PAGE
TOP